IEPC

第35回IEPCが2017年10月8日~12日に米国Atlantaで開催されました。

 総勢515名(うち学生150名)の参加登録者数を記録し、前回の2015IEPC Kobe-Japanを除くと、前々回の442名を上回り、IEPC単独開催として過去最多でした。また、参加国数は例年同様20ヵ国を越え、日本からの参加登録者数は65名(うち学生35名)で、アメリカの247名(うち学生60名)に次いで多く、その他、中国からの参加登録者数が27名と英国を越え、5番目に多いことが目を引きました。(表1、表2参照)

・Kuriki Awardの授賞式が行われました。(図1)

・2015 IEPC@Kobe-JapanのBest Paper Awardを小泉先生(東大)が受賞しました。

・日本航空宇宙学会誌 2018年 第66巻 トピックス「第35回国際電気推進会議(IEPC2017)報告」に掲載予定。

※第36回IEPCが2019年9月15日~19日にオーストリア・ウィーンで開催される予定です。

 

表1 参加国および参加人数

国・地域名 人数
アメリカ  247
日本  65
ドイツ  43
フランス  34
中国  27
イギリス  21
ロシア  13
イタリア  11
イスラエル  8
オランダ、スペイン、トルコ  各7
オーストリア  5
スウェーデン、ブラジル  各4
韓国  3
ベルギー  2
インド、オーストラリア、カナダ、シンガポール、
台湾、デンマーク、ナイジェリア
 各1
 合計  515名

表2 発表分野および件数

分野 件数
 ホールスラスタ 94
 オーバービュー 42
 カソード 35
 イオンスラスタ 30
 マイクロスラスタ 27
 計測と診断 26
 PPT 19
 先進的スラスタ 19
 電熱型スラスタ 14
 プルーム干渉 13
 RFスラスタ 12
 ミッション解析 9
 MPDスラスタ 8
 基礎過程 8
 補助要素 8
 シミュレーション 8
 電力供給、電源 5
地上試験装置 5
合計(基調講演とポスターを除く) 382件

図1 Kuriki Award for Young Professionals

詳細 → IEPC2015IEPC2017IEPC2019