年会講演会

2016年4月14日~15日に東京大学山上会館にて年会講演会が開催されました。

航空交通管理部門関連では、以下の発表がありました。

第47期年会講演会ホームページはこちら

・一般セッション:航空交通管理(発表4件)

1D1:気象庁数値予報モデルと先行機のダウンリンクデータの誤差に着目した風予測精度向上

手塚亜聖 (早稲田大学)、瀬之口敦(電子航法研究所)

1D2:操縦ストラテジーの分析による降下運用効率の評価指標に関する研究

アンドレエバ森 アドリアナ、上村常治(宇宙航空研究開発機構)

1D3:貨物便の飛行データを用いた航空機の性能モデルに関する研究

田村恵一、原田明徳、松田治樹、樋口雄紀、宮沢与和(九州大学・院)

1D4:四次元航法における飛行時間誤差への飛行速度の影響

元谷章博、武市昇(首都大学東京)

・学会賞記念講演

論文賞: Flight Trajectory Optimization for Operational Performance Analysis of Jet Passenger Aircraft

Navinda K. Wickramasinghe, Mark Brown, Yutaka Fukuda (Electronic Navigation Research   Institute),Yuto Miyamoto, Akinori Harada, Tomoyuki Kozuka, Sadanari Shigetomi, Yoshikazu Miyazawa(Kyushu University)

技術賞:分散型次世代運航技術(DREAMS)

張替正敏,辻井利昭,奥野善則,舩引浩平,又吉直樹,石井寛一,藤原健,飯島朋子,津田宏果(JAXA),福島荘之介,齋藤真二,齋藤亨,吉原貴之(ENRI))

奨励賞:A Self-separation Algorithm using Relative Speed for a High-density Air Corridor

Yoichi NAKAMURA (Electronic Navigation Research Institute), Noboru TAKEICHI (Tokyo Metropolitan University), Kota KAGEYAMA (Electronic Navigation Research Institute)