第50回流力講演会/第36回ANSS

第50回流体力学講演会/第36回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム

主催 日本航空宇宙学会,宇宙航空研究開発機構
協賛 日本流体力学会,日本機械学会,日本風工学会,可視化情報学会,日本ガスタービン学会,情報処理学会,日本燃焼学会,日本応用数理学会
開催日 平成30年7月4日(水),5日(木),6日(金)(3日間)
APC-IVが併催
会場 宮崎市民プラザ
〒880-0001 宮崎市橘通西1丁目1番2号

更新履歴

  • 2018年4月25日(水): お知らせ
    • 現在,プログラムの最終編成作業中です.まもなく講演番号情報を含むプログラムを公開致します.
    • 併せて,原稿提出〆切を5/11(金)に致します(CD-R製作工程上,これ以上の延長はできません).

    以上の内容は,プログラムが公開され次第,至急メールにて連絡致します.しばしお待ち頂ければ有り難く存じます.御案内が遅れ申し訳ありません.

  • 2018年1月30日(火): websiteを開設致しました.

招待講演 (Invited Lectures)

  • 麻生 茂 教授
    九州大学
    航空宇宙流体力学から学んだこと
  • Dr. Paul Danehy
    NASA Langley Research Center
    Visualization and Quantification of High Speed Flows using Laser Spectroscopy
  • Dr. Chris Rumsey
    NASA Langley Research Center
    Verification and Validation of Turbulence Models
  • Professor Mohammad Samimy
    The Ohio State University
    Active Control of High-Speed Turbulent Shear Flows Using Excitation of Instabilities

【発表に関する御案内】

発表時間は,発表15分・質疑応答5分です.

本シンポジウムは,流体力学講演会(FDC)と航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム(ANSS)を合同開催するもので,流体力学/数値シミュレーション技術分野における研究の発展への寄与が目的です.

講演内容

講演内容はこちら

最優秀賞

本シンポジウムでは,前刷論文及び講演内容に基づき,最優秀賞(「流体力学分野」及び「数値シミュレーション技術分野」の2件)を授与します.各部門の対象範囲は以下の通りです.審査希望者は講演申込時にその旨選択下さい.いずれも,独創性(新規性),内容の信頼性・完成度,学術における寄与度,産業上の有用性の観点から評価致します.

流体力学分野

流体力学に関する実験や解析技術に関する研究を広く対象とする.応用分野は限定しない.

数値シミュレーション技術分野

特に,航空宇宙分野における数値シミュレーション技術に関する研究を対象とする.分野は流体力学に限定しない.

優秀発表賞

日本航空宇宙学会(JSASS)より優秀発表賞を授与致します.プレゼンテーション技術を評価致します.
対象はJSASS学生会員です.

発表申込

講演申し込みは原則↓からお願い致します.

ただし,APC-IVにお申し込みの場合は↓からお願い致します.

申し込み受付ページより,下記の手順に従い御入力下さい.

申込締切

平成30年3月9日(金) → 3月16日(金)

申込手順及び入力事項

(1) 講演会を選択 第50回流体力学講演会/第36回航空宇宙シミュレーション技術シンポジウム
(2) 講演題目(和文及び英文),筆頭著者名,及び所属 申し込み後変更不可
(3) 第二著者以降の氏名及び所属 同上.
(注)これら(2),(3)はプログラム編成時にそのまま使用します.
(4) 連絡先 応対著者氏名,郵便番号,住所,電話番号, FAX番号,E-mailアドレス
(5) 登壇者氏名,所属学会 登壇者は主催・協賛学会の個人会員に限ります.
(6) 講演概要,希望セッション名 概要は200字以内.希望セッション名(一般1,2かFDC/ANSS合同企画1~6,企画ANSS1~3,FDC1~2),キーワード(3個以内)を必ず明記下さい.(キーワードは下記執筆要項の原稿フォームを参照下さい.)
(7) 備考
  • 最優秀賞の審査を希望する場合:
    “最優秀賞対象”と記載下さい.
  • 優秀発表賞の審査を希望する場合:
    “優秀発表賞対象”と記載の上,発表時の学年(学部○年,修士○年,博士○年)を併記下さい.

PCプロジェクタ(使用条件*1)以外の使用希望機器,その他,事務局への連絡等があれば御記入下さい.
*1)会場にはPCを用意致しませんので,アナログPGBモニタ出力端子(D-Sub15ピン端子メス(ミニ:3列))付ノート型PCを持参可能な方のみに限定致します.
なお,PCとプロジェクタとの接続時間は発表者の講演時間に含めます.また,発表会場の都合などで使用できない場合は,お断り致します.あらかじめ御了承下さい.

(8) 内容確認及び登録 すべての入力内容を確認し,システムへの登録を行います.
(9) 登録完了 申込受付メールが自動送信されます.
申込受付メールが届かない場合申込は受理されておりませんので,3月16日(金)までに問い合わせ先に御連絡下さい(これ以後は対応できません).

websiteからの申し込みができない方に限り,電子メールによる申し込みを受付けます.申し込み記載事項を問い合わせ先まで送付下さい.

問い合わせ先

国立大学法人電気通信大学 大学院情報理工学研究科 機械知能システム学専攻
千葉 一永(チバ カズヒサ)
E-mail:ryu50(a)chofu.jaxa.jp
(件名に“【流力/ANSS】”と御記載下さい)

前刷原稿

電子媒体(CD-ROM)講演集を配付致します.

執筆要項に従い,電子媒体講演集A4用紙2ページ以上10ページ以内を所定の書式にて作成し,websiteの入稿システムからPDFファイルでアップロード下さい(上限3MB).

注)第50回流体力学講演会/第36回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム講演集掲載論文の著作権は(社)日本航空宇宙学会に帰属するものと致します.

執筆要項

原稿フォームのダウンロード

電子媒体講演集: PDFファイルまたはWORDファイル

題目の先頭(左端)に講演番号(申込み後,追って連絡致します)を付記下さい.

前刷原稿締切

平成30年5月11日(金)
CD-R製作工程上,これ以上の延長はできません.

参加登録・懇親会の御案内

  • 参加登録料(CD-ROM代金含みます)・懇親会費
事前参加登録費(〜6/25(月)) 当日参加登録費
正会員 8,000円 10,000円
学生会員 3,000円 5,000円
非会員 11,000円 13,000円
学生非会員 5,000円 7,000円
懇親会(5日) 5,000円(学生は3,000円) 6,000円(学生は4,000円)

※当日会場(受付)にて日本航空宇宙学会への入会を受け付けます.
その場合の参加登録料は会員扱いで承ります.

【お支払い】
事前登録はクレジットカードでのお支払いのみです.
(当日登録は現金のお支払いのみとなります)
※社内の都合上,振込しか不可能の場合は下記に御連絡下さい.
担当:平出  hirade(a)jsass.or.jp

【キャンセル】
キャンセルは6月21日(木)までに御連絡下さい.
それ以降は実費手数料を頂戴致します.
当日連絡なしの不参加は全額返却致しません.

【申込締切】
平成30年6月25日(月)
平成30年4月中旬頃に参加登録受付開始予定です.

参加登録お申し込み

【懇親会会場】
ANAホリデイ・イン リゾート

会場からバスを用意致します.

広告展示の募集

プログラムへの広告掲載およびシンポジウム当日の展示を広く募集致します.上記問い合わせ先に是非御連絡頂ければ有り難く存じます.(FDC第50回記念回として)本シンポジウムが盛況となるよう,御助力賜れれば幸いです.